MENU

うるおい肌をとり戻す?ルテインと美容の不思議な関係とは?

 

「目の健康にいい」と話題になったルテインには、思いもよらなかった美容効果があることが分かりました。肌のキメが整い、アンチエイジング効果まである不思議なルティンとはどんな性質をもったものなのでしょうか?

 

今回はルテインと美容との不思議な関係を詳しく説明しましょう。

 
 

マリーゴールドはルテインの宝庫というヒ・ミ・ツ!

 

ルテインは「カロテノイド」という健康になくてはならない栄養素のひとつで、体の中に入ると、壊れにくいビタミンとなって、いろいろなはたらきをします。

 

花のマリーゴールドにはとくにたくさん入っているルテインは、目を光から守ってくれ、太陽やパソコン、テレビ、最近増えたスマホなどが原因でおきる疲れ目を防いでくれるのです。

 

目の病気を専門に治してくれる眼科でも、ルテインの効果は認められているので、安心して使うことができるのがうれしいところです。

 

ルテインは目だけではなく肌にうるおいを取り戻す理由とは?

 

ルテインのすごいところは目の疲れを取ってくれるだけではなく、実は美容のためにもたいへん良い栄養素なのです。ルテインのはたらきを少し詳しく説明しましょう。

 

人は酸素を吸って、食事で摂った栄養素を燃やすことで動いています。そして、その酸素が燃えるときに体は酸化してサビ付いてしまいます。

 

肌が酸化すると、みずみずしさがなくなり、ひどくなると、乾いたおばあさんのような肌になってしまうのです。ルテインにはこの活性酸素を取り去ってくれる性質があることから、抗酸化物質と呼ばれています。

 

酸化=老化ですので、ルテインにはアンチエイジング(若返り)効果があるのです。

 

ルテインが美容によい理由としくみ

 

肌には薄い膜で覆われた「バリア機能」と言われるものがあります。このバリア機能が正しくはたらいていると、肌の水分が外に逃げないので”みずみずしい美しい肌”が保たれます。

 

でも、太陽やライトの紫外線、または酸素から作られる活性酸素が肌を刺激して乾燥させてしまうのです。ルティンの抗酸化作用はこの「紫外線」からも目や肌を守る性質があるので、乾燥を防いでうるおいを保ってくれるのです。

 
 

まとめ

 

ルテインが目だけではなく、肌のうるおいを取り戻してアンチエイジング効果まである素晴らしい栄養素です。

 

原料は野菜や植物などから抽出しますので、副作用もないことから多くの人が愛用しています。