MENU

必読!ルテインの働きとは?足りないとどうなるの?

 

ルテインは目の病気を治したり、みずみずしい肌をつくる効果があると話題になっているようです。こんなすばらしい栄養素ルテインのはたらきとはどんなものなのでしょうか?

 

そして、もしも足りなくなったら・・・ ルテインについて少し勉強してみましょう!

 

必読!ルテインの働きとは?足りないとどうなるの?

ルテインのはたらき

 

活性酸素から体を守る抗酸化物質にはいろんな種類がありますが、その中でとくに活躍するのが『ルテイン』です。そうです、ルテインとはもともと体の中でつくられるものだったのです。

 

ルテインは活性酸素をやっつけてくれるはたらきの他に、太陽光線の中の「紫外線」という体に悪い光線や、テレビやパソコンから出ている「ブルーライト」という目に悪い光線からも守ってくれるのです。

 

そして、まだまだあります。歳をとってくると血管が固く縮こまり、血の流れを悪くしてしまいますが、ルテインは固い血管を柔らかくして元の元気な状態にしてくれる働き者なのです。

 

もしルテインが足りなくなったら

 

このたいせつな栄養素のルテインがなくなったらどうなってしまうのでしょうか?

1.目の病気にかかりやすくなる

 

2.肌のみずみずしさがなくなってしまう

 

3.血管の病気にかかってしまう

 

最初に書いたように、ルテインは歳をとると量が減ってしまいます。老人のほうが若い人よりも病気にかかりやすいのはルテインが減ったからなんですね。

 

そして「ルテインは目の病気に効く」と言われています。目は非常にやわらかくデリケートな器官なので、いちばん早くに悪い症状が出てしまいますし、反対にルテインを飲めばいちばん早くに効果も現れるからなのです。

 

人の体が老化するワケ

 

ルテインのことを知る前に「人の体が老化するわけ」をまず知っておきましょう。人が呼吸をして、ご飯で食べた栄養を燃やして「エネルギー」をつくります。このときに「活性酸素」という毒素までつくってしまうのです。

 

しかし、この毒素を消してくれる「抗酸化物質」というものも同時につくってくれるために、人は元気で生きられるのです。でも、大人になって歳をとっていくと、だんだん抗酸化物質をつくることができなくなって、活性酸素のほうが多くなってしまうのです。

 

活性酸素は人の体の細胞を傷めつけて「老化」させてしまうのです。

 

まとめ

 

体でつくられなくなったルテインはサプリメントなどで補給することもできます。
目の調子の悪い人や、肌を若返らせたい女性などに人気のあるサプリメントです。