MENU

ルテインだけでは視力が良くならない?効果的な方法とは?

 

目の病気を予防することで知られている『ルテイン』ですが、すぐに視力まで良くなることはむずかしいようです。

 

目の病気を治して、視力を取り戻すための効果的な方法を説明します。

 

 

 

ルテインだけでは視力が良くならない理由

 

ルテインは目の中の角膜や水晶体などが「活性酸素」という毒素で傷めつけられたり、太陽光に含まれている紫外線に傷つけられることから守ってくれます。

 

でも、視力が落ちてしまう原因は、病気だけではありません。目に栄養素を運んでくれる毛細血管が、歳をとって細くなったり、硬くなって血の流れが悪くなることでも見えにくくなってしまうのです。

 

かんたんにいうと、「目が栄養不足になってしまい、視力が落ちる」のです。血液の流れが悪くなって視力が落ちると、ルテインでももとに戻すことは難しくなります。

 

ルテインも血管から運ばれる?

 

ルテインは体の中で作られたり、色の濃い野菜などにも少し入っていて、口からとったりしています。そして、多くの栄養がそうであるように、ルテインもまた「血管を通って運ばれる」のです。

 

ですから、歳をとったり、病気になったりして血管が細くなると、せっかくのルテインも目に運ばれなくなってしまいます。そして、血管が細くなると血の流れの勢いがなくなって、血管の壁にゴミがこびりついてどんどんと細くなってしまうのです。

 

ルテインと合わせることで視力を回復する方法

 

せっかく目の病気をやっつけてくれるルテインですから、視力も同時に戻して目の悩みを全部解決したいいものですね。ルテインを飲みながら同時に視力を回復したいのなら、次のような方法を試してみましょう。

1.しっかりと入浴して体を温める

 

2.ウォーキングなど軽い運動をして血の流れを良くする

 

3.目の周辺や頭部をマッサージする

 

どれも血液の流れを良くする作用があります。

 

まとめ

 

運動や入浴、マッサージなどの日頃のケアを生活に取り入れることで、目にたくさんの栄養素を送ることができます。

 

これらとルテインを合わせることで効果が加速して視力が良くなっていきます。