MENU

飛蚊症・白内障に良いサプリはどれランキング!

飛蚊症・白内障に効くサプリは少ないです。なぜならこの眼病はルテイン不足が主な原因だからです。現在販売されているルテインサプリはアイケア商品がほとんどだからです。

 

24種類のサプリを試して飛蚊症・白内障の対策になるサプリの紹介です。基準はルテイン配合量と浸透率です。

 

 

 

めなりの特徴

飛蚊症の原因はルテインが摂れていないためです。めなりはルテインが12mg。一日の必要摂取量6-12mgをしっかりクリアしています。飛蚊症は緑内障にも繋がってくるため、早めの対策を必要です。

【めなりの口コミ】
ルテインとビルベリーがが配合されているサプリって他になく、2種類のサプリを飲んでいました。めなりを飲んでから黒点がずいぶんマシになり、目の疲れも少なくなりました。

価格 907円
評価 評価5
備考
めなりの総評

めなりはルテインのほかにも、アントシアニンも1日の必要摂取量60mgが含まれています。飛蚊症の他にも、目をトータル的にケアしてくれるため、非常にコスパが高く長く続けやすいサプリメントです。

 
 

えがおのルテインの特徴

製造方法にこだわったサプリメントです。特許を取得している製法で作られているため、非常に浸透率の良いルテインです。

【えがおのルテインの口コミ】
目の前に黒い点が動くのが気になっていました。眼科の先生からルテインをすすめられ、このサプリを飲むことにしました。3ヶ月目でやっと目の黒点が消えすっきりしました。

価格 1440円
評価 評価4
備考 3個まとめて購入なら1袋1344円とお得です。
えがおのルテインの総評

えがおのルテインは特許製法でルテインエキスを抽出しているため、体内にあるルテインとほぼ同じの成分を作り出しています。そのため違和感なく体内に浸透していきます。ただ、めなりと比べるとブルーベリーが入っていないため★4つ。

 
 

やずやのクリアルテインの特徴

ルテイン20mg入っています。その他にもβ-カロテンをはじめ、アスタキサンチン、クロセチン、ゼアキサンチン、ハーブ由来のビタミン5種(ビタミンB1、B2、B6、B12、E)と多くのサプリが配合されトータルケアのサプリです。

【やずやのルテインの口コミ】
色々ルテインサプリを調べていてバランスがいいので購入しました。飛蚊症の私でしたが2ヶ月で治りました。

価格 2916円
評価 評価3
備考 8日間分のサプリが増量中!
やずやのクリアルテインの総評

ルテイン配合量も20mgでさまざまな種類の成分が配合されているので飛蚊症や白内障以外の眼病でも使えます。普段ケアできない目をしっかりケアするならおすすめです。値段が高くコスパが悪いのでマイナス2としました。

 
 

朝のルテイン&プラセンタの特徴

ルテインサプリで唯一40mgのルテイン量を誇るサプリメントです。これ以外のサプリメントはルテイン配合量が20mgしかありません。高配合量のルテインのためゼリー状になっていますが、甘味料不使用で食べやすいのが特徴です。

【朝のルテイン&プラセンタの口コミ】
白内障の術後の痛みに困っていました。私が好きな女優さんも同じ病状で使っていたので使ってみたのですが、1ヶ月ほどで痛みが治り今では快適です。

価格 3920円
評価 評価3
備考 初回50%OFFです!
朝のルテイン&プラセンタの総評

飛蚊症・白内障の原因はルテイン不足といわれています。老化は眼からといわれていますが、40代からルテインが急速に減っていくからです。ルテインが減ると飛蚊症や白内障になりやすいので、高配合のルテインで体のバランスを保つことが大切です。値段が高くコスパが悪いので、★が3つです。

 

 

 

飛蚊症・白内障に良いサプリはどれランキング!管理人の評価

◆ルテイン配合量が多いほうがいいのか?
飛蚊症や白内障は一時的なものではありません。永続的に続く眼病だからこそ、配合量のあるルテインでしっかり目をサポートするのが大切です。眼科医も進めるルテインなので摂っていたほうがいいのですが、コストがかかると思う人もいるはず。

 

◆短期間でも配合量を高いものを摂ろう
ルテインの量が多いとそのぶん目が快調になります。そこまで2〜3ヶ月ほどです。それから目の様子をみてルテイン量が15mg〜20mgのものに切り替えるのがいいでしょう。そちらのほうが目の調子がよくわかるので、自分にあった配合量のサプリを理解しやすくなります。