MENU

【完結】ルテインVSブルーベリー!どっちが視力に効果ある?

視力にいい栄養素で有名なのが「ルテイン」と「ブルーベリー」です。多くの人たちが目の健康のために飲んでいますがいったいどちらがより効果的なのでしょう?

 

たくさんの人が愛用していて意見もわかれてしまうのです・・。今回はその疑問を完結するために徹底的に両方をくらべてみましょう。

 

ブルーベリーの効果の特徴

ブルーベリーが視力によい理由は「アントシアニン」という成分が含まれているからです。目の中の角膜には「ロドプシン」という物質があって、これは光を脳に伝えるはたらきをします。

 

このロドプシンに元気がなくなると見たものが脳に伝わらないので視力が下がってしまうのです。見づらくなることでより目を酷使するようになり、疲れ目や眼病になりやすくなるんですね。

 

ブルーベリーが目にいい理由はアントシアニンによるものだと覚えておきましょう。

 

ルテインの効果の特徴

ルテインという栄養素はもともと人の目にあるものですが、歳をとるとだんだんと減っていきますのでサプリで補給する必要があるのです。ルテインの効果には以下のようなものがあります。

 

  • 活性酸素の除去
  • 目の老化
  • 紫外線やブルーライトの吸収
  • 血流の改善
  • 眼病の予防(加齢黄斑変性・白内障・緑内障・飛蚊症など)

 

という驚きの効果があるのです。

 

結論はどっち?

 

このようにブルーベリーも確かに目の病気や視力には効果はありますが、ルテインの効果と比べると目劣りする感じですね・・・。ブルーベリーも夜間視力を良くしたり疲れ目を防いで目の負担を軽くすることは知られていますが、結論としてはルテインの方が遥かに目の健康に対する効果は大きいのです。

 

視力が悪く改善したい方は、ブルーベリーとルテインを併用するのがおすすめです。白内障や飛蚊症の方はルテインの配合量が高いサプリをとるのがいいでしょう。

 

まとめ

世間でよく話題とされているブルーベリーとルテインの問題に決着がついたと思います。
でも、「どちらか一つ」を絶対に選ばなければならないということはありません。

 

最近では両方の成分が配合されたサプリメントなどもたくさん登場しているのです。