MENU

ルテインの機能性表示食品と健康食品の違いってなんですか?

 

いまの日本では、体にいいサプリメントやドリンク剤などがたくさん売られています。
それらのパッケージには「機能性表示食品」などの文字が書かれていますが、いったい何のことだかご存知でしょうか?

 

あまり気になさらない方も多いでしょうが、サプリメント選びには意外と大切なことですので、知っておくようにしましょう。

 

薬と健康食品の違いをまず知ろう!

 

世界中のどんな国でも「薬」に対しての法律は厳しく定められています。わが国日本の場合は”薬以外はすべて食品”というふに決められています。

 

「薬」は薬局で簡単に買えるものや、病院でしか手に入らないものなどがありますが、ざっくりと言ってしまうと「良く効くけど、人によっては副作用がある」というのが薬なのです。

 

ですから、薬以外のものは、どんなに病気を予防したり、症状を軽くしてくれるものでも「食品」にわけられてしまいます。そしていろんな病気を治したり、予防してくれる食品が「健康食品」とよばれています。

 

「目を良くする」「肌を老化しにくくする」ものはどっち?

 

この健康食品の中にでも細かく分けられていて、パッケージに書いてよい名称が変わります。その中で国に「届け」を出しているものに「機能性表示食品」があります。

 

”機能”とは病気や老化に対して「効果がある」という意味です。

 

「目を良くする」「肌を老化しにくくする」などの機能がある食品というのが「機能性表示食品」なのです。

 

健康食品にも薬以上に効果がある?

 

では、機能性表示食品や健康食品は薬よりも「効かないもの」なのでしょうか?

 

それはが、そうとも言い切れないのです。

 

薬は一つの病気に対して強く作用するようにつくられていますが、健康食品は天然の植物や動物などからとった栄養分ですので、「健康全体によい」という特徴があります。

 

自分の病気にピッタリと当てはまれば、病院で出される薬よりも効いて、調子が良くなることもあるのです。

 

まとめ

 

「薬」は使い方によっては毒にもなることがあり、ちゃんと医師の言うとおりに飲まないと危険なものでもあります。

 

機能性表示食品などの健康食品はもっと安全に試すことができるものなのですので、自分なりの探し方ができるのです。