MENU

82%の細胞を死滅させない3つの対策とは?

スマホの普及によってもたらされたブルーライトによる目の健康被害は社会問題にもなっています。ブルーライトは殺菌にも使われる強力な光線で目の細胞を破壊してしまう光線です。

 

受け続けると目の82%もの細胞を死滅させてしまうというブルーライトへの3つの対策を紹介します。

 

 

【1】1時間おきに休憩を入れる

ブルーライトの危険性を研究した岐阜科学大学の研究グループが行った実験では「マウスにブルーライトを6時間継続的に照射した場合82%の細胞が死滅した」と確認しました。

 

しかし、これはあくまで”継続した場合”ですので、人間の場合でもときおり休憩を入れることで自己回復力をはたらかせることができるのです。

 

パソコンを仕事にする方の間では「1時間おきの休憩」が推奨されています。1時間おきに10分間スマホを遠ざけて「目の周りをマッサージする」などの休憩を取り入れましょう。

【2】スマホの照度を落とす、パソコングラスをかける

次に物理的にブルーライトを軽減させる方法です。スマホには「明るさ調節」がありますから、その機能で「照度」を落とします。こうすることでブルーライトの光そのものを減少させてダメージを和らげるのです。

 

そしてもう一つは「パソコングラス」です。「ブルーライト・カットグラス」とも言いますが、紫外線を防ぐ一般のUVサングラスではなく、ブルーライトカットに優れたメガネで光線をカットします。

【3】ルテイン・サプリを飲む

天然のマリーゴルドから抽出された栄養成分「ルテイン」はブルーライトを吸収する性質があります。黄斑変性や白内障などの眼病にかかった患者に眼科医がすすめるほど医学的に効果が証明されているので安心して飲めるサプリメントです。

 

また、ルテインはブルーライトの吸収だけではなく、網膜下の毛細血管を活発にさせて自己回復能力をアップさせるのでマッサージと同じ効果も得られるのです。

 

まとめ

スマホのブルーライトはパソコンの倍近くあり、
画面が小さいことでさらに疲れ目になりやすい性質なのです。

 

最近では高齢者が主になるようなひどい眼病が若者達の間にも流行していますので、

 

スマホの取り扱いには十分注意をしなければなりません。